FC2ブログ
横山 ひであき Official Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

新サイトを開催いたしました(2018.10.14)。

新サイトを開催いたしました(2018.10.14)。

横山ひであき 新オフィシャルサイト
https://yokoyama-hideaki.amebaownd.com/



今後ともどうかよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト
2018-10-14 : 動く :
Pagetop

2018春号 県政報告

『2018春号 横山ひであき 県政報告』を作成しました。

3月30日号の地域新聞に折込されます。(一部配送されない地域へは読売・朝日新聞に折込しています。)

ぜひ、ご覧ください。

※画面上をクリックしますと、WEB上で見ることが可能です。

01.jpg
【表紙 P1】

02.jpg
【P2】

03.jpg
【P3】

04.jpg
【P4】


2018-03-27 : 活動報告(PDF) :
Pagetop

鍼灸師を機能訓練指導員に追加がようやく実現へ

大変うれしいニュースが飛び込こんできました!
11月29日に開かれた厚労省の社会保障審議会介護給付費分科会で、機能訓練指導員の対象資格にはり師ときゅう師を追加する提案がなされたとのことです。

このことは、これまでブログで何度も記載してきましたが、4年半前に、当時NPO法人全国鍼灸マッサージ協会の副理事長であった親友の中山さんから、鍼灸師も機能訓練指導員に加えるよう政府へ要望したいと相談を受けました。

早速、県本部代表の富田茂之衆議院議員に繋げて頂き、2013(平成25)年6月3日に厚労副大臣(当時:桝屋敬悟副大臣)に関係者の方々と共に要望書を提出しました。

その後、現状を知っていただきたく、現場視察の要請を粘り強く行い、2013(平成25)年9月25日に東京三鷹市にある「東京ヘルスケア機能訓練センター」さんでの桝屋副大臣の現場視察が実現し、私も同席しました。

さらに、2014(平成26)年2月17日に桝屋衆議院議員が予算委員会において、地域包括ケアシステムの構築・推進をはかる中で、不足する介護職人材確保として鍼灸師も機能訓練指導員に位置づけて活用するよう取り上げていただきました。

公明党のネットワークの力を発揮し、こうした取り組みを続けてきた中で、今回ようやく実現に向けて動き出しました。
鍼灸師関係団体の方々の長年の苦労がようやく実ることとなります。

鍼灸マッサージ師の地位向上と活躍へとつながるように、そして、このことが介護業界の活性化と患者さんへしっかりと還元されるように繋げていきたいと思います。
  ↓  ↓(詳しくはこちらをクリック)

通所介護や特養の機能訓練指導員、はり・きゅう師でもOK 半年の経験が要件~介護のニュースサイト Joint~

【活動記録:過去のブログ記事↓】
2013.6.3 政府へ要望書提出

2013.9.25 現場視察

2014.2.18 衆議院予算委員会質疑
2017-12-02 : 実績 :
Pagetop

グラウンド芝生化推進へ

slider40.jpg

千葉県立八千代高校のサッカー部は、誰もが知る全国トップレベルのサッカー強豪校です。
しかしながら最近では県内強豪校の後塵を拝し、県代表にあと一歩のところで涙を呑んでいます。

その理由の一つに、グラウンド環境の差があります。
インターハイや全国選手権など、関東大会以上の大きな試合においては全て芝のグラウンドとなっている中で、県内の私学や市立は人工芝化が進められていますが、県立は未だ土のグラウンドです。
サッカー大国とも言われる千葉県で勝ち上がり、全国で戦うには、この環境の改善が必要だという声が関係者をはじめ大きくなっています。

これまでにも多くの方が様々な形で県教育委員会に打診してきました。しかしながら教育に関する課題が山積する中で、芝生化へ予算を回すことは大変に厳しい状況にあります。

私もこれまで、6年前から学校の周辺の自治会から、砂ぼこり対策の要望を寄せられていたので、こちらの観点からも人工芝への推進を働きかけてきました。

こうした中で、卒業生や趣旨に賛同してくださる方々の寄付によって人工芝化を実現しようと実行委員会が立ち上がりました。
来年の夏までに、6千万円を目標としています。

芝生化を進めたいのはもちろんサッカー部だけのためではありません。
八千代高校は、県内で唯一の体育学科を持つ部活動の盛んな学校であり、これまで以上にその特色を活かせることにもなります。
更には、50周年と伝統ある学校で、地域行事なども行われる地域コミュニティーの場ともなっており、その役割の向上や地域環境改善にも繋がり、学校周辺地域の方々からも期待されているからです。

私も発起人の一人として、多くの方々へのご賛同をお願いしたく、八千代市内の方はもとより、八千代高校関係者の方々、サッカーファンの多くの皆様に広めて、ご協力いただきたいと思っておりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

今月より専用サイトが立ち上がりました。
詳しくはこちらをクリック‼
  ↓  ↓
八千代高校人工芝化実行委員会




2017-11-29 : 動く :
Pagetop

ようこそ千葉へ! 日肝協・第27回全国代表者会議

写真 2017-11-13 9 57 14
日肝協(日本肝臓病患者団体協議会)では毎年、全国各地の患者会の代表者が会議や研修、交流を深めるための集いが開催されています。
本年度は千葉県での開催となり、千葉肝臓友の会の村田会長からのご招待を戴き、私からはこれまでの肝炎患者救済活動についてご挨拶させていただきました。

来賓として、厚労省の肝炎対策推進室長や千葉県の疾病対策室長、千葉大学附属病院の加藤教授からは、国や県での対策、投薬治療などの最新情報が紹介されました。
特に、加藤先生から、『C型肝炎治療の最終目標はウイルスの駆除ではなく肝がんの予防です!ウイルスが駆除できたとしても肝がんリスクがなくなるわけでは無いので、検査治療を辞めてはいけない』との指摘は、これまでの考え方を改めました。

また、桝屋敬悟代議士(公明党)、渡辺博道代議士(自民党)からは国会における取り組みを、そして石井宏子県議会議員からは、県下市町村の肝炎ウイルス健診の個別勧奨の上限年齢撤廃への働きかけについて来賓挨拶がありました。

患者会の皆さまの日々の御活動に敬服すると共に今後ますますのご多幸とご活躍を祈念いたします。
私共も経済的負担の軽減措置や予防策の推進など、国や県や市と、そして患者会の皆さまや拠点病院の先生方と連携を深めて更なる取り組みを行ってまいります。

写真 2017-11-13 9 47 46 写真 2017-11-13 9 43 25
写真 2017-11-13 9 52 38 写真 2017-11-13 9 56 25

2017-11-14 : 動く :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール





【プロフィール】
横山 秀明
党県幹事長代理

千葉県議会文教常任委員
八千代市体育協会・顧問
習志野健康福祉センター運営協議会委員
琴城流大正琴振興会千葉支部顧問

明海大学経済学部卒/千葉県出身
住所:〒276-0045
八千代市大和田309-167
連絡先:
TEL:047-419-8305
FAX:047-419-6614
昭和45年4月生まれ、47歳。

メールマガジン


QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。