横山 ひであき Official Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

防災対策の推進を

4月12日の千葉日報2面には、政府の中央防災会議が11日に昨年の熊本地震を踏まえた防災基本計画を見直したとの記事が掲載されています。
改正内容は、国の「プッシュ型支援」が一部機能しなかった反省から、都道府県と市町村がそれぞれ輸送拠点を設け、避難所まで確実に送り届ける体制をつくることが柱となっています。

このことについて私は、昨年9月の定例県議会の代表質問時に取り上げ、避難所への支援物資の輸送について県の対応を質しており、県からは「市町村に対して、物資輸送に係る体制整備を強く働きかけるとともに、大規模災害時に市町村による物資の輸送体制が機能しない場合を想定し、県がとるべき対応を検討する。」との答弁でした。

また8面には、松戸市が災害時におけるペット対策について東葛地域獣医師会と協定が結ばれたとの記事が掲載されております。
このことも同じ代表質問時に、災害時の避難所におけるペット対策を推進するべきと訴えており、記事によれば、直近では県内自治体で印旛郡6市2町など同種の協定を交わす自治体が増えて、松戸市で13例目とのことです。

今回の見直しを政府は、地方自治体が作る「地域防災計画」への反映を促すとのことですので、県内市町村の計画や防災対策がスムーズかつスピーディーに取り組まれるよう期待し、また後押ししていきたいと思います。

FullSizeRender1.jpg

FullSizeRender_2017041223390162d.jpg


スポンサーサイト
2017-04-13 : 議会質問 :
Pagetop

千葉県のアンテナショップについて

昨日3/5(木)に千葉県議会商工労働企業常任委員会が開催されました。

27年度一般会計、特別会計の予算や26年度補正予算などを含む議案が提示され審議いたしました。
商工労働部及び労働委員会事務局に関わる一般会計予算は2,085億6,210万円分が計上されており、主な事業は、「中小企業の経営基盤強化」、「地域産業の活性化」、「観光振興」、「雇用対策の推進」が盛り込まれています。

また、26年度補正予算では、「地域消費喚起型事業」として、地域の消費喚起と即効性が期待できる”プレミアム付商品券の発行”事業が計上され、本県全市町村が実施予定のプレミアム付き商品券事業に、県がそれぞれの自治体の人口数に応じての上乗せを行なうことや、県内の旅館やホテルなどで利用できる「プレミアム宿泊券」の販売、そして地域の特産品などの「ふるさと産品」のネット販売の割引などを行う内容となっております。
また、「地方創生先行型事業」では、”ちばへの転職支援”とか、”福祉・介護人材雇用推進”などの雇用環境整備を始め、観光振興の様々な事業が計上されています。

一部ではこのプレミアム付き商品券のやり方は、バラマキであり一過性に過ぎないとの理由で反対される委員もいますが、国民の8割が「景気回復の実感がない。」との調査があることから、商品券の活用で地元商店街での消費を喚起させて市場におカネを回して好循環を促さなければ、本県での景気回復は遅々として進まないとの判断から私はこれらの予算案に賛成しました。

また私からは、「外国人観光客からの要望の高い公衆無線LAN環境整備について」、「多様な働き方普及促進について」、そして「アンテナショップ」について質しました。
公衆無線LAN及びアンテナショップについては以前から当委員会で取り上げてきて、アンテナショップでは例えば東京都内の駅ナカとか高速道路のICなどで行なうべきと提案してきました。
新年度に都内でモデル事業を行うこととなり、時期については11月頃を目途に進めているとの答弁があり、本日の千葉日報に取り上げられました。

様々な制約の中で1か月間の運営となっておりますが、折角やるのであれば、きっちりとした検証結果を出すためにも、やはり2~3か月は期間として必要であると思い要望しました。

常任委員会
2015-03-07 : 議会質問 :
Pagetop

26年度 9月定例県議会 代表質問

平成26年9月定例会で、9月26日に代表質問を行いました。

01711.jpg

1. 防災対策について
2. 防犯対策について
3. ICT化の推進について
4. 公共施設等総合管理計画の推進について
5. 旅券事務の市町村への移譲について
6. 福祉・医療問題について
7. 動物の遺棄について
8. 起業・創業の活性化について
9. 千葉県産豚肉について
10.教育行政について
11.その他

県議会ホームページから動画を見ることができます。
以下のいずれかの方法でリンクしています。

①このサイトの「議会質問」のタブをクリックする。

議会質問動画 ←こちらをクリックする。

性犯罪・性暴力被害者支援のワンストップ支援センターの設置についてを一番力を入れて質問致しましたが、満足のいく回答までには至りませんでした。

犯罪被害者への対策の中で、性暴力被害者への支援が最も遅れていると言われております。
その中でもそれぞれの機関で懸命な対応はなされているのですが、被害者が各機関に出向くたびに思い出したくもない被害状況を説明しなければならないというような2次被害が発生してしまっているといった現状から、被害者本人が動き回ることなく1カ所で支援員が寄り添い総合的に受けることができるワンストップの支援センターが必要です。

今回この件に関しては議会質問として取り上げたのは2回目です。
引き続き粘り強く取り組んでいきます。
02411.jpg
2014-09-26 : 議会質問 :
Pagetop

初・代表質問

平成25年2月定例会が、1月24日から開会。
1月30日から2月6日まで順次代表・一般質問が行われます。
その中で、31日が公明党の代表質問の機会であり、今回私が初めての代表質問に立ちました。
大変緊張して間をとる余裕がありませんでしたが、なんとか大役を無事に終えました。

千葉日報記事
千葉日報の記事

この模様は、千葉テレビでも生中継され、多くの方々が視聴していただいていて、多くの叱咤激励を頂きました。
大変に感謝しております。

さて、「東葉高速鉄道」についての質問を行いました。
24年度決算の見通しについては、
本年度は輸送人員が前年度比90万人増の4882万人、輸送収入も2億円増の約145億円になる見込みとなり、また、駅設備の保守委託契約の見直しや定期券発売所の直営化などで約7500万円の経費削減を図ってきて、その結果、約6億円の純利益を計上し、3期連続の黒字となる見通しとのことです。

また、通学定期割引率の引き上げについては、
現在会社において、経営状況を踏まえ、通学定期の割引率拡大が可能かどうか検討しており、県としても子育て世代の負担軽減との観点から重要な課題であると認識しており、よって今後自立支援委員会において会社が検討している内容を検証すると答弁がありました。

これまで様々な議員が運賃の値下げや定期の割引率拡大について議会で取り上げてきましたが、「経営の安定化」が最重要事項であるとだけの答弁が繰り返されてきました。
しかしこれまでの多くの方々の声や、社会状況の変化などで、会社側が通学定期割引率の引き上げを検討し始めたことによって、ようやく一歩前進の兆しが見え始めました。

私は他に、経営安定化と利便性向上にむけた新たな経費削減の取り組みとして、八千代緑が丘駅近くの車両基地内の広大な未利用地に、例えば太陽光発電など再生可能エネルギーを導入して、電車の走行にかかわる電力や各駅舎で使用される電力に融通して、消費電力がまかなえるような省電力化を進めるよう提案しました。

県としても、高架下の店舗開発や車両基地内の未利用地の有効活用などの検討について、会社に対し働き掛けると前向きな答弁となりました。

現在は景気の低迷で、長期債務の金利が低水準で推移し、支払利息が減少していることから黒字となっていますが、今後景気の回復で金利上昇ともなれば、再び赤字になりかねません。
そうならないためにも、また一日も早く運賃の値下げ、とくに自己負担が大きい通学定期の割引率引き上げを実現するためにも、今後とも様々提案を織り交ぜながら取り組んでまいります。


代表質問の項目は以下の通りです。

1.知事の政治姿勢について
(1)開かれた県政の推進について
(2)県政の課題認識について
(3)若者対策について
(4)オリンピック・パラリンピック競技大会の東京招致について
2.行政改革について
3.防災危機管理について
4.医療・福祉問題について
(1)救命救急センターの設置について
(2)地域保健対策について
(3)千葉県国民健康保険財政安定化等支援方針について
(4)エイズ対策について
5.新エネルギーの導入促進について
6.次世代自動車(EV・PHV車)の普及促進について
7.農業問題について
8.水道事業について
9.教育問題について
(1)通学路の安全対策について
(2)公立学校施設の非構造部材の耐震対策について
(3)いじめについて
(4)体罰の問題について
10.性犯罪・性暴力被害者対策について
11.防犯カメラについて
12.東葉高速鉄道について
13.その他

  ↓(クリック)
千葉県議会 インターネット中継(動画が確認出来ます)
2013-02-01 : 議会質問 :
Pagetop
ホーム

プロフィール





【プロフィール】
横山 秀明
党県幹事長代理

千葉県議会商工労働企業常任委員
八千代市体育協会・顧問
習志野健康福祉センター運営協議会委員
琴城流大正琴振興会千葉支部顧問

明海大学経済学部卒/千葉県出身
住所:〒276-0045
八千代市大和田309-167
連絡先:
TEL:047-419-8305
FAX:047-419-6614
昭和45年4月生まれ、47歳。

メールマガジン


QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。