横山 ひであき Official Blog

ジオから学ぶこと

__ 2

日本の国土の面積は全世界のたった0.28%しかありません。
しかし、これまで全世界で起こったマグニチュード6以上の地震の20%が日本で起こっています。
そして、全世界の活火山の7%が日本にあります。
更には台風の通り道に位置しています。

また、全世界の中で日本は、災害で死亡する人の0.3%の割合となっており、また、災害で受けた被害金額の約12%となっています。

このように、日本は外国に比べ、台風、大雨、大雪、洪水、土砂災害、地震、津波、火山噴火など『自然災害の発生大国』であります。

これらの災害にはこれまでにも多くの対策が講じられ、被害は減少傾向ですが未だに尊い生命の犠牲が伴います。
更なる対策を強化することは言うまでもありませんが、やはり大事なことは、私たち日本人はこの災害大国日本に住んでいるという自覚の下で自分の命は自分で守るということの意識を個々に高めて備えることが大事だと思います。

その意味からも、自分の住む地域がどのような地質・地形なのか、どんな災害が多いのかなどを小さなときから知っていく環境が大事だと。それは学校教育だけでなく、家庭や地域で学びあえるようにできればと考えます。


本日、千葉県ジオパーク推進議連で、早稲田大学の高木教授より、ジオを学ぶことは地域の歴史・伝統・文化・産業・観光・自然環境などを学べると同時に防災を学ぶことができると教わりました。
賢く生きていくためにも大事なことですね!

__ 1
スポンサーサイト
2014-08-26 : 思う :
Pagetop

米本団地のバリアフリー化が実現しました。

米本団地に暮らす方々からの要望により、正田ふみえ議員及び同団地に住む党員・支持者の方々と、団地の外周道路の歩道を現地調査致しました。

健常者にとっては歩道における段差(切り下げ未整備)は、ほとんど気にならないものです。
しかし、車イスやベビーカー等の利用者にとっては数センチの段差があることは相当な困難を伴います。

そこで実際に車いすを使用して、現場を歩きながら、段差以外にどんな問題があるのかも調査してみました。

結果、「3-2」棟から「3-35」棟の間の歩道における7地点9か所に段差(切り下げ未整備)箇所がありました。
約10cm程度の段差となっていることから、車イスの小さな前輪が引っかかってしまいます。
また、歩道の損傷が激しい箇所や切り下げの斜面角度がきつい箇所があり、スムーズな通行を妨げています。
P1.jpg

P3.jpg

P2.jpg

P4 (1)



これらの点検・調査報告を取りまとめ、市に改修整備を要望したところ、この度切り下げの改修工事が行われ、段差解消が実現いたしました。

5.jpg

6.jpg

7.jpg

これで段差は1~2cmに改善されました。段差を完全に無くすことが何故できないのかを問い合わせたところ、目の不自由な方などが歩道と車道を区別するためだとの事でした。
バリアフリーはあらゆる方々の立場に立って進めることの必要性を学びました。
2014-08-16 : 実績 :
Pagetop

"Shock & Trauma"

千葉県は「ドクターヘリ先進県」であり、その先駆である日本医科大学北総病院救命救急センターへ、2年ぶりに県議団で視察に伺いました。

13年目を迎え、常に全国をリードする取り組みをされ、目標としてきた出動数1,000回/年を昨年にようやく超えました。
これには井上院長を始め、ドクターヘリの先駆者として全国でも大変有名な、救命救急センター部長の松本ドクターの精力的な取り組みの賜物であります。
本日は大変にお忙しい中を2時間も時間を割いていただき、有意義な意見交換をさせていただきました。

ドクターヘリは我が党において全国的に導入を推進してきており、わが県でも県議会ではこれまでにも多く議会にて質してきました。県内2機体制にも、そして格納倉庫設置も積極的に働きかけ実現してきました。
今回はこの出来上がったばかりの格納庫を現場視察も致しました。
更には、ドクターヘリを補完するラピッド・カーについても詳細を伺えました。

本日は多くの課題と示唆に富む提案をいただくことができましたので、次回の県議会でしっかりと取り組んでいきます。


そして、八千代市とドクターヘリの関係について、いくつか市議団と共に取り組むべきことが判明しました。

P. S.通算1,000回無事故出動が、2004年1月八千代市消防からの要請で、米本南小に着陸したとの事です(ホクソウドクヘリトリビア)

2014doc_hel.jpg

2014doc_hel2.jpg

横山2


2014-08-08 : 動く :
Pagetop
ホーム

プロフィール





【プロフィール】
横山 秀明
党県幹事長代理

千葉県議会商工労働企業常任委員
八千代市体育協会・顧問
習志野健康福祉センター運営協議会委員
琴城流大正琴振興会千葉支部顧問

明海大学経済学部卒/千葉県出身
住所:〒276-0045
八千代市大和田309-167
連絡先:
TEL:047-419-8305
FAX:047-419-6614
昭和45年4月生まれ、47歳。

メールマガジン


QR