横山 ひであき Official Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

『横山ひであきメールマガジン』vol.07 【就労支援と雇用対策】

早いもので、2月が終わり、3月のスタートです。

さて、ご承知の方も多いと思いますが、今年から大学3年生の就職活動が後ろ倒しになり、3月1日から解禁となります。

先日も、真新しいスーツに身を包んだ学生の皆さんが、証明写真の撮影のために写真店を訪れる姿を見かけました。

思わず、就職活動で苦労した学生時代を振り返り、青年たちの進路の勝利を祈らずにはいられませんでした。


私たち公明党は、景気回復と雇用対策に懸命に取り組んでいますが、中でも若者の就労支援に力を入れてまいりました。

今、ハローワークに次いで、就職・転職の実績が拡大している「ジョブカフェ」も公明党が設置を推進したものです。

千葉県では「ジョブカフェちば」(船橋市)が有名ですが、私は昨年、県議会の予算委員会でジョブカフェの機能強化について質問。

いわゆるブラック企業対策として、労働法や相談窓口の周知を進めるよう、具体的な提案も行いました。

その結果、ジョブカフェちばのサイトに、労働法の基礎知識や労働相談センターのウェブページがリンクされることに。

細かいことではありますが、「かゆいところに手の届くサービスがいいですね」等、喜びの声を頂戴しております。


公明党はこの他、就活で「卒業後3年間は新卒と同様の扱い」をするよう、国の指針を改正させたほか、月額10万円の給付金をもらいながら、職業訓練を受ける「求職者支援制度」を創設しました(失業手当のない求職者が対象)。

今後とも若者をはじめ、幅広い世代のお声に耳を傾け、雇用対策に全力を挙げてまいります。

(メルマガ登録はこちら
スポンサーサイト
2015-02-28 : メルマガバックナンバー :
Pagetop

『横山ひであきメールマガジン』vol.06 【防犯カメラ】

早いもので、今週で2月が終わります。躍進の春3月へ、身も心も軽やかに頑張ってまいります。

さて、きょうご報告させていただくのは、公明党市議団と共に、設置に向けて懸命に取り組んできた「防犯カメラ」のことです。

現在、年度末に向けて市内20カ所で順次設置工事が進められています。

これまでの犯罪発生件数に応じるという設置基準で、以下の市内6駅周辺での設置となります。

※八千代台駅周辺10台、大和田駅周辺2台、勝田台駅周辺5台、八千代緑が丘駅1台、八千代中央駅1台、村上駅1台。

これもひとえに、皆さま力強いご支援があったからです。本当にありがとうございました。

私たち公明党は、県議会で防犯カメラ設置補助予算枠の拡充を推進し、市議会でも、何度も設置の必要性を訴えてきました。

さらに、八千代市内で設置に向けた署名運動を展開する一方、街頭活動で市民の皆さまに訴え、市長に要望書を提出。

県会・市会・党員の公明党のネットワークを発揮し、設置が実現するまで、徹底して取り組んでまいりました。

「防犯カメラ」があることによって、街頭犯罪の抑止につながるほか、万が一、犯罪行為があった際も、証拠映像が残り、速やかに犯人の逮捕等につなげることができます。

今回のカメラ設置をしっかり周知し、犯罪の抑止につなげ、他の地域においても、一日も早く設置が進むよう全力を挙げてまいります。

これからも安全・安心の街づくりを強力に推進してまいります!

(メルマガ登録はこちら
2015-02-24 : メルマガバックナンバー :
Pagetop

『横山ひであきメールマガジン』vol.05 【チーパス】

きょうは、私がサービス拡充に取り組んできた、子育て家庭優待カード「チーパス」について、うれしいご報告がございます。

このほど、「チーパス」の期限を本年度末から3年間延長することが発表されました。

あわせて県では、2015年度、近隣県でも使えるよう茨城や埼玉、神奈川の各県などと、連携に向けた協議を進めていくことになりました。

協賛店「チーパスの店」は3年前に1713店で始まりました。

そこで私は、「チーパス」をもっと多くの方に知っていただき、使い勝手がよくなるよう、県の予算委員会などでスマートフォン専用サイトの開設を提案。積極的に働きかけてきました。

その結果、昨年夏からスマートフォンサイトの運用が開始。店名・キーワード・地域別・カテゴリーなどから検索が可能になり、利用者の現在地から10キロメートル以内の協賛店検索ができるようになりました。

現在、「チーパスの店」は5166店(1月16日現在)に拡大し、3年前から約3倍にまで広がりました。

これもひとえに、皆さまのお力添えのおかげです。本当にありがとうございました。

「チーパス」の対象は、県内在住の妊婦または中学校修了までの子ども一人以上がいる世帯です。

新しい「チーパス」のカードは、3月から県内の小中学校、保育園、幼稚園などを通じてお配りし、4月から使えるように進めています。

デザインはピンクから水色に変わり、期限は18年3月末まで。先に記したスマートフォン用サイトのQRコードを掲載し、外出中でも簡単に検索できるようになります。

これからも、「横山ひであき」は生活者の視点に立ち、子育てサービスの拡充へ全力を注いでまいります!

※チーパスねっとホームページ:
http://www.chiba-kosodate.jp/

(メルマガ登録はこちら
2015-02-21 : メルマガバックナンバー :
Pagetop

『横山ひであきメールマガジン』vol.04 【源右衛門鍋】

今朝は駅頭でのご挨拶からスタートいたしました。寒さが身にしみる今日このごろ、お鍋が恋しいのは私だけでしょうか。

「鍋」といえば、皆さまは八千代市のご当地鍋料理「源右衛門鍋」をご存知でしょうか?

名前の由来は、江戸時代、私財を投じて新川の治水工事を行った、地元の名主・染谷源右衛門からとっています。

何とこの源右衛門鍋、1月に埼玉県で開かれた「ニッポン全国鍋グランプリ2015」において、見事1位に輝いたのです。

八千代産野菜をたっぷり使った、みそベースの汁。ブランド豚のあぶりチャーシューが豪快に乗っており、絶妙な味わいだったようです。

これまで、源右衛門鍋は市内の「源右衛門祭」などのイベントでしか食べられませんでしたが、今後、京成大和田駅近くの喫茶店「フルーレ」さんでも食べられるように。「毎週木曜日、限定10食のランチ」で早い者勝ちとのこと。

私も時間を見つけてうかがい、ぜひ食べてみたいと思っています。

今回、鍋グランプリでの優勝を機に、源右衛門鍋と八千代市がテレビや新聞で取り上げられ、話題になっています。

こうしたうれしい話題を大いに活用し、千葉県と八千代市の観光化を推進していけるよう、政策立案に努めてまいります。

早いもので、2月もあっという間に折り返しです。先週末からは定例県議会が始まりました。皆さまのお声に誠実に耳を傾け、しっかりと県政に届けてまいります!

(メルマガ登録はこちら
2015-02-16 : メルマガバックナンバー :
Pagetop

『横山ひであきメールマガジン』vol.03 【事前キャンプ地】

朝晩の冷え込みが激しく、大変寒い日が続いています。どうか風邪など引かれませんよう、くれぐれもお気をつけください。

私も体調に気を配り、今週末も元気いっぱい走り抜いてまいります。

さて、本年8月の第15回「世界陸上北京大会」に向けて、先月のアメリカに続き、オランダ、ベルギー両国も千葉県で事前キャンプを行うことが決定しました。

両国がキャンプを行う会場は千葉県総合スポーツセンターで、順天堂大学のトレーナーや学生がトレーニングサポートを行うとのことです。

これを機に、5年後の東京オリンピック・パラリンピックの事前キャンプを八千代市に誘致できるよう、積極的に働きかけたいと考えています。

もし、事前キャンプ地に選ばれ、海外の選手団が訪れれば、国内外の注目を集めることになります。

そうすれば、八千代市の魅力を国内外に発信でき、市内での買い物客はもちろん、観光客の増加も見込まれ、地域経済の活性化が期待できます。

私たちの八千代市は、都内からも、成田国際空港からも電車で来られるという位置的な優位性があります。そして何より、昨年完成した新・総合グラウンドがあります。

今後、キャンプ地としての八千代市の魅力を高めていけるよう、国会議員や市議会公明党とも連携し、誘致実現に向けて前進してまいります。

(メルマガ登録はこちら
2015-02-14 : メルマガバックナンバー :
Pagetop

『横山ひであきメールマガジン』vol.02 【地域住民生活等緊急支援のための交付金】

きょうは、先日成立した国の26年度補正予算で注目されている「地域住民生活等緊急支援のための交付金」についてお伝えしたいと思います。

この補正予算が政府案通りに成立することを見込んで、成立前の1月27日に公明党八千代市議団と共に、市民生活向上のため、この交付金の積極的な活用を図るべきとする緊急提言書を市長に提出してまいりました。

交付金の内容は、個人消費を下支えする(1)「地域消費喚起・生活支援型」(2500億円)と、地方の活性化につなげる(2)「地方創生先行型」(1700億円)の2種類となり、これにより地域活性化に向けた自治体の取り組みを後押しするとしています。

(1)の「地域消費喚起・生活支援型」では、プレミアム付き商品券の発行や、ふるさとの名産品、特定地域の旅行に使用できる「ふるさと名物商品・旅行券」の販売を補助するとしています。さらに、低所得者対策として灯油購入の助成、日常生活に利用できる商品・サービス購入券の発行を支援することにも活用できます。

また、お子さんが多い世帯向けには、プレミアム付き商品券の特典を上乗せしたり、一時保育や予防接種などに利用できる子育て応援券を配布する事業の後押しも可能となっています。

一方、(2)の「地方創生先行型」は、地方創生に向けた市町村の「地方版総合戦略」の早期策定を財政面から援助するものです。中堅・小規模企業が大都市の経験豊かな人材を半年程度“お試し”で受け入れる際の費用の半額を助成し、Uターン(Iターン、Jターン)を促したり、若者の地域への定着を支援するため、仕事や生活の情報を一元的に収集・提供する「地域しごと支援センター」の整備推進も挙げられています。

このほか、自治体による外国企業誘致のためのセミナーを支援したり、観光振興に向けた無料の無線通信「Wi-Fi(ワイファイ)」設置や多言語表示、バリアフリー化への取り組みを補助するとされています。

これらの交付対象となる事業は、上記の例に限定されず、ある程度自由に設計が可能です。自治体の実施計画の提出期限は3月上旬予定であることから、冒頭に記した通り、市長に緊急提言書を提出してきた次第です。

なお、この予算は新規の国債発行は行わず、昨年度の剰余金や今年度の税収増加分が活用されてます。今後も、“生活者の味方”公明党の県議会議員として、地方創生の先頭に立って頑張ってまいります。
2015-02-09 : メルマガバックナンバー :
Pagetop

『横山ひであきメールマガジン』vol.01 【ゾーン30】

今、連日、八千代市内を駆け巡り、多くの方々のご意見・ご要望を直接うかがわせていただいております。
どうか街で見かけた際には、気兼ねなくお声を掛けていただけますよう、よろしくお願いいたします。
横山ひであき、寒風に負けず、元気いっぱいに頑張ってまいります!

さて、きょうは私が、八千代市議会公明党と推進してきた「ゾーン30」についてご紹介させていただきます。

現在、八千代市で初となる「ゾーン30」の整備が大和田地区で進んでいます。
「ゾーン30」とは、生活道路や通学路における歩行者の安全な通行確保を目的に、区域(ゾーン)を定めて自動車の走行速度を30キロ以内に制限するものです。

今回、指定される区域は、国道296号線、県道幕張・八千代線、都市下水路1号幹線、県道大和田停車場線に囲まれた、大和田南小学校を中心とした範囲です。

このほか、3月中に大和田新田の「スーパーカスミ」さんの前に信号機が設置されることも決定。

これからも、交通安全対策を強力にリードし、住みやすい八千代市の実現へ全力を注いでまいります。
2015-02-07 : メルマガバックナンバー :
Pagetop

横山ひであき・新メールマガジンに登録しませんか

新メールマガジン登録フォーム


・携帯アドレスを登録するかたは、モバイル登録専用URLにアクセスすることで登録ができます。
http://psasp.jp/yokoyama/mb/


・パソコンアドレスを登録するかたは、PC登録専用URLにアクセスすることで登録ができます。
http://psasp.jp/yokoyama/


・QRコードを読み取って、URLにアクセスすることで登録ができます。
※スマートフォンの場合、QRコードを読み取る専用アプリ(無料)が必要です。
qr_img_2015020409204453b.png



<ご注意>
※携帯端末にて「迷惑メール対策」を設定されている方は、「ドメイン指定受信」の設定が必要です。「gmail.com」からのメールを受取れるように設定をお願いします。
※メールアドレスを変更する場合は、お手数ですが一度退会処理を行っていただき、再度新しいメールアドレスでのご登録をお願いします(退会専用URL→ http://psasp.jp/yokoyama/del/ )。

※退会/解除手続きが出来ない場合はこちらから (メルマガ登録専用サイトからでも登録解除ができます)。
2015-02-04 : その他 :
Pagetop

新プロフィールムービー



新プロフィールムービー(ショートver)
2015-02-03 : ムービー :
Pagetop
ホーム

プロフィール





【プロフィール】
横山 秀明
党県幹事長代理

千葉県議会商工労働企業常任委員
八千代市体育協会・顧問
習志野健康福祉センター運営協議会委員
琴城流大正琴振興会千葉支部顧問

明海大学経済学部卒/千葉県出身
住所:〒276-0045
八千代市大和田309-167
連絡先:
TEL:047-419-8305
FAX:047-419-6614
昭和45年4月生まれ、47歳。

メールマガジン


QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。