横山 ひであき Official Blog

『安全』を第一に

IMG_3861.jpg

IMG_3862.jpg

日本は高度経済成長期に経済発展の礎となる道路や橋などインフラを集中的に整備し、そして人口増加と市街化拡大で多くの公共施設を建設してきました。
こうしたインフラや公共施設の集中整備から今や50年近くが経過して一斉に更新期を迎え、国も県も市町村でも全国各地で対応を迫られています。

公共施設の老朽化は今後さらに深刻化することは明らかであります。しかしながら、どの地方自治体でも財政が厳しく、少子高齢化と人口が減少傾向となる中で、インフラや公共施設のあり方については多くの自治体や議会でも真剣で活発な議論がなされています。
このように課題が多く様々な意見があるのですが、市民をはじめ多くの人々が利用することからも、やはり第一に考えるべきは『安全』ということではないかと私は考えます。

ゴールデンウイーク最終日となる5月7日(日)の正午過ぎに、地元八千代市の市民体育館の天井から、部材である長さ60cm、厚さ5mm、重さ2.1kgの鉄板が落下する事故が起きました。
この日は小学生のミニバスケットボール大会が行われており、幸いにも昼休憩中だったのでケガ人はいなかったのですが、一歩間違えれば人命にかかわる大事故につながります。

公明党市議団もこれまで老朽化した公共施設の早期対策を訴え続けてきたこともあり、立川議員は落下発生後にすぐさま現場に急行し状況を確認。そして翌日には市議団が現地において市の担当職員や指定管理団体から経過説明などを受けつつ、早期の対策を強く要望するなど、どこの誰よりも早く対応に動きました。

2週間後に迫った市長選を前にして今回の天井部材落下事故が起こったことは、この市民体育館が選挙の開票会場となっていることからも偶然とは思えず、皮肉にも感じますが、いずれにせよ次の市長にはやはり『安全』を最優先とし、決断と実行力のある方が選ばれることを望みます。

続きを読む

スポンサーサイト
2017-05-09 : 思う :
Pagetop
ホーム

プロフィール





【プロフィール】
横山 秀明
党県幹事長代理

千葉県議会商工労働企業常任委員
八千代市体育協会・顧問
習志野健康福祉センター運営協議会委員
琴城流大正琴振興会千葉支部顧問

明海大学経済学部卒/千葉県出身
住所:〒276-0045
八千代市大和田309-167
連絡先:
TEL:047-419-8305
FAX:047-419-6614
昭和45年4月生まれ、47歳。

メールマガジン


QR