横山 ひであき Official Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ドクターヘリの最先端を視察

2010年の4月に運航をスタートするや、初年度の年間フライト数847件。現在日本全国のドクターヘリの中で「出動数日本一」を記録するのが兵庫県の公立豊岡病院・但馬救命救急センターです。
多いときには一日10件の要請に対応もされてきています。

P1020643.jpg
施設内に格納庫を設置してました。

併せて、同年12月よりドクターカーを導入して、ヘリの発着ができない場合での緊急要請時に補完対応されています。
P1020651.jpg


そのほぼ全てのヘリのフライトに同乗し、またドクターカーでの出動に対応されているのが、センター長であり救急医の小林誠人さんです。
根っからの「救命医」としてTVドラマのモデルにされたこともある方と聞きました。
また、テレビ番組「情熱大陸」にも出演されてました。

夢は「但馬を世界一救命率の高い地域にすること」――

この小林センター長の情熱と行動力を先頭に、施設整備やシステムづくりがすすめられてます。

「なぜ要請を受け入れたのだ」とは言わない。
「なぜ要請を受け入れなかったのか」については言及していく。


ドクターヘリに関しては、兵庫、京都、鳥取の3府県で共同運航であり、ヘリを要請するそれぞれの消防本部へ自ら何度も出向き、ともかく特定のキーワードに該当する症状の場合はただちにヘリが出動できるようにし、これにより処置時間の短縮が可能となっています。

このキーワード通報方式について研鑽いたしました。
通常では、救急隊の現場着後にヘリの要請を受けるのですが、「倒れている」「意識がない」など119番の内容(キーワード)で、救急車出動と同時にヘリも飛び立つ仕組みとなっています。

ドクターヘリの先進県である千葉県にも役立つ情報をたくさん学べました。

視察を終えるころ、ヘリが出動から戻ってきましたが、休む間もなくすぐさま要請が入り、瞬く間に現地へ飛び立っていきました。
P1020660.jpg





スポンサーサイト
2011-08-22 : 動く :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール





【プロフィール】
横山 秀明
党県幹事長代理
千葉県議会商工労働企業常任委員
八千代市体育協会・顧問
習志野健康福祉センター運営協議会委員
琴城流大正琴振興会千葉支部顧問

明海大学経済学部卒/千葉県出身
住所:〒276-0045
八千代市大和田309-167
連絡先:
TEL:047-419-8305
FAX:047-419-6614
昭和45年4月生まれ、46歳。

メールマガジン


QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。