横山 ひであき Official Blog

健福常任委員会県外視察(1日目)

年に一度、他都道府県の先進事例を学ぶために常任委員会毎に県外視察を行っており、私が所属する健康福祉常任委員会は、函館・札幌に行きました。

初日は、北海道で初めての官立病院として創立してから150年の節目を迎えた「函館市立病院」を視察。
IMG_0082.jpg
道南地域の救命救急センターとして、地域の救急医療に貢献されています。

IMG_0074.jpg
ここは災害拠点病院の役割も担っており、免震構造(地下の柱の構造)を見せていただきました。

IMG_0075.jpg
屋上はヘリポートとなっており、ドクターヘリの救急搬送に対応。ここからストレッチャーで専用エレベーターにて処置室に運べるようになっておりました。

IMG_0076.jpg
付属施設である高等看護学院での授業風景

IMG_0080.jpg
この体育施設は看護学生自ら清掃管理しており、非常にきれいに使われています。

また、院内保育施設をも併設しており、看護士の定着を図っています。
看護師確保に対しては、学院でのきめ細やかな指導で資格合格率の向上と採用に力を入れ、また新人研修をしっかりと行うことにより、定着率が高く維持できているようです。

地域の医療体制の課題として、ウォークインのコンビニ受診患者の受入れを制限し、市内の病院との協力のもとでこの函館病院が三次(重篤)救急、市内10病院が輪番で二次(重傷)救急を、開業病院や診療所が一次(軽傷)救急対応と夜間・休日診療を受け持つようにすすめられていました。

北海道という広大なエリアで患者の救急搬送をカバーするために、道内ではドクターヘリが3機配備されていますが、救命した患者へ更に高度な医療を施すためには、札幌まで搬送しなければならない状況です。医師不足・医療の地域格差をなくすための対処法として「ドクタージェット」の導入に向け、試行運行を行うようです。
スポンサーサイト
2011-11-09 : 動く :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール





【プロフィール】
横山 秀明
党県幹事長代理
千葉県議会商工労働企業常任委員
八千代市体育協会・顧問
習志野健康福祉センター運営協議会委員
琴城流大正琴振興会千葉支部顧問

明海大学経済学部卒/千葉県出身
住所:〒276-0045
八千代市大和田309-167
連絡先:
TEL:047-419-8305
FAX:047-419-6614
昭和45年4月生まれ、46歳。

メールマガジン


QR