横山 ひであき Official Blog

『横山ひであきメールマガジン』vol.08 【千葉県議会のご報告】

本日は、現在開会されている千葉県議会の動きについてご報告いたします。

先日5日(木)、私が所属する商工労働企業常任委員会が開催されました。
平成27年度一般会計や特別会計の予算、26年度補正予算などを含む議案が提示され、審議いたしました。
商工労働部及び労働委員会事務局に関わる一般会計予算は、2,085億6,210万円分が計上されており、主な事業として、「中小企業の経営基盤強化」「地域産業の活性化」「観光振興」「雇用対策の推進」が盛り込まれています。

また、26年度補正予算では、「地域消費喚起型事業」として、即効性が期待できる「プレミアム付き商品券の発行事業」が計上されています。
千葉県の全市町村で実施予定のプレミアム付き商品券事業では、県がそれぞれの自治体の人口数に応じて上乗せを行なうことや、県内の旅館やホテルなどで利用できる「プレミアム宿泊券」の販売。さらに、地域の特産品等の「ふるさと産品」について、ネット販売の割引などを行う内容となっております。

また、「地方創生先行型事業」では、”ちばへの転職支援”や、”福祉・介護人材雇用推進”などの雇用環境整備を始め、観光振興の様々な事業が計上されています。
一部では、このプレミアム付き商品券のやり方は、バラマキであり一過性に過ぎないといった理由で反対される委員もいます。

しかし、国民の8割が「景気回復の実感がない」との調査結果がある今、商品券の活用で地元商店街での消費を喚起し、市場にお金を回して好循環を促さなければ、千葉県での景気回復は遅々として進まないと考えます。
よって、私はこれらの予算案に賛成をいたしました。

この他、私からは「外国人観光客からの要望の高い公衆無線LAN環境整備について」「多様な働き方普及促進について」、そして、「アンテナショップ」について質しました。
公衆無線LAN及びアンテナショップについては、以前から当委員会で取り上げてきており、アンテナショップでは、例えば東京都内の「駅ナカ」や高速道路のICなどで行なうべきとの具体的提案もしてまいりました。
新年度に都内でモデル事業を行う計画で、時期については11月頃を目途に進めているとの答弁があり、6日付の千葉日報に取り上げられました。

様々な制約の中で1か月間の店舗運営となっておりますが、せっかくやるのであれば、きっちりとした検証結果を出すためにも、やはり2~3か月は期間として必要であると思い、要望いたしました。

今後も、皆さまからのご意見もいただきながら、千葉県の活性化のため、さらに力を尽くしてまいります。
気温が暖かくなったと思いきや、雨が降ったりと、天気が安定しませんが、年度末に向けてしっかり頑張ってまいります!

(メルマガ登録はこちら
スポンサーサイト
2015-03-07 : メルマガバックナンバー :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール





【プロフィール】
横山 秀明
党県幹事長代理

千葉県議会商工労働企業常任委員
八千代市体育協会・顧問
習志野健康福祉センター運営協議会委員
琴城流大正琴振興会千葉支部顧問

明海大学経済学部卒/千葉県出身
住所:〒276-0045
八千代市大和田309-167
連絡先:
TEL:047-419-8305
FAX:047-419-6614
昭和45年4月生まれ、47歳。

メールマガジン


QR